最近はホームトレードで簡単にFX取引ができる!


手数料の料金設定

現在よく行われているインターネットでの株式投資をするホームトレードは、それまでの主流であった、直接に証券会社の店頭に訪れて株式の売買注文などを行う店頭トレードとはさまざまな違いがあります。

例えば、店頭トレードであれば、証券会社の窓口となる担当者と直接やり取りをすることになるために、時間的な制約がかかってしまうことが大きいですが、ネット株取引を行うホームトレードではこうした事はありません。

また、株式の投資取引を行うためには、その企業の経営の状態や株式銘柄の一つ一つの特徴、株式市場の動向などの新鮮な情報を常に取り入れて、投資戦略を練っていくなどの必要がありますが、こうした情報を取りまとめて提供してくれたり、投資家の相談を聞いたりそれに対するアドバイスなどを、店頭トレードでは行ってくれますが、ホームトレードではこうした事は一切行われず、投資家は自分の労力と時間を消費することで、こうした投資に対する予測などを行っていかなくてはならないのです。

このように、同じ株式投資であっても店頭トレードとホームトレードでは、その投資取引に対するアプローチが大きく違っているのです。

また、これに伴う部分もありますが、この二つのトレード方法では、その手数料の設定について大きな違いがあります。

店頭トレードでは、わたしたち投資家に対して、証券会社の窓口の担当として、一人一人の営業などの人間が付くことになります。
また、投資取引の内容によっては、株式取引ではなく投資信託や債券、不動産などと言ったさまざまな種類の投資取引も、まとめて取り扱ってるれることもあり、この場合でもそれぞれの専門の証券会社の人間にアドバイスを求めたり、することもできるため、どちらかと言えば、株取引などに限定されたものではなく、広く資産を運用することを目的とした、投資などのトータル的なサポートをサービスの本核としているのです。

こうした事から、店頭トレードでの取引の手数料は高い価格設定がされており、証券会社にもよりますが、50万円までの規模の取引でおおよそ6000円ほど、また取引を行う金額によって手数料がさらに掛かることになります。

これに対し、ネット株取引などに特化したホームトレードでは、取り扱われている金融商品も株式投資や通貨を利用したFXなどの限定的なものとされており、その売買注文も自ら発注し、また、市場にたいしての予測や調査も自らで行わなくてはなりません。

しかしながら、証券会社の負担は極めて少なくなっているために、人件費やコストなどを大きく削減している結果も含め、同じ50万円までの取引の場合にはどこの証券会社であってもおおよそ300円ほどとなっていて、店頭トレードとは大きな開きがあるのです。

また、ホームトレードによるネット株取引では50万円よりもさらに小さな取引金額でも、手数料の料金設定の区分けがあり、10万円までの取引であれば100円前後、証券会社によっては無料としている所もあるため、これにより、多くの投資家がネット株取引を選択するようになったのです。



Copyright © 2017 | chernobyllegacy.com