最近はホームトレードで簡単にFX取引ができる!


ネット株取引を利用する投資家も多い

インターネットなどを利用し、自分の家などに居ながらにして投資取引を行えるホームトレードによるネット取引は、その利便性から多くの投資家がこれを利用しています。

こうしたネット取引が注目を浴びるようになったのは、1999年に株式投資における株式投資委託手数料が、それまでの固定制度から自由化されることになり、これによって証券会社の顧客獲得競争が激化したことが一つとなっています。

また、ネット通信による環境が整備されたこと、ノートパソコンやタブレット端末などのモバイル機器の性能が向上した事、また多くの人たちが、それ以前の携帯電話からスマートフォンへの切り替えを行い、その操作性や画面の使い勝手が飛躍的に上がったことも大きな要因となっています。

こうした事により、いつでもどこでも株式の取引が行える環境が整い、また、顧客の獲得とコストの削減のために多くの証券会社が取引手数料を下げ、ネット取引を導入されたことにより、ネット株取引は多くの投資家が参加することになったのです。

また、2004年には他業種からの証券業界への参入が解禁され、銀行の窓口での証券仲介業務の取り扱いも可能となったこと、さらに、2009年には株券の電子化なども行われたために、株式投資のネット取引化が加速的に進んでいきました。

現在では、株式投資てネット取引を行う個人投資家は、全体の9割にもなるとされており、店頭トレードでの取引を大きく上回るようになっています。
もちろん、株取引をネット取引で行う事にはさまざまなメリットがあるために、これによって投資家がネット株取引を選択しているのです。

ネット株取引を行う個人投資家の多くは、株式投資の経験の浅い初心者の投資家とされています。
これは、ネット株取引がそれまでの株取引のデメリットを回避した新しい形の投資取引となっているからになり、取引時間の制限や手数料の高さ、投資資金の多さなどによって、株式取引を行いたいと考えていたにもかかわらず、これが行えなかった初心者にとって広くその機会を与えることになっています。

手数料が安くなったことは先のとおりですが、ネット取引によって取引にかかる時間も大幅に短縮され、一回の投資金額も手数料の引き下げと共にその資金量を小さく調整することが可能となったのです。

こうした事により、多くの投資家が参加することができ、その取引の目的も株式の売買取引だけではなく、株式を発行した企業の業績が向上することに資産価値を高めたり、企業の利益から分配される配当金を受け取ったり、また、企業が行っている株式優待を受け取る目的でネット株取引を利用する投資家も多いのです。



Copyright © 2017 | chernobyllegacy.com