最近はホームトレードで簡単にFX取引ができる!


ホームトレードのメリット

証券会社に実際に訪れ、証券会社の担当の人間を窓口とし、さまざまな投資に対する相談をしたり、アドバイスを受けたりしながら、取引の売買注文を取りまとめて発注してもらう店頭トレードとは違い、インターネットを利用して自ら投資取引を行うホームトレードでは、すべての取引注文の責任が投資家自身のものとなります。

こうした事により、投資を行う際の実際の注文に対峙する時間の消費や、取引を行うための市場調査や予測の組み立てなどにかかる労力なども、投資家が負うために、実際に株式投資などを行おうとした場合には、資金も時間も労力も大きくかかるものとなっているのです。

これに対して、店頭トレードであれば、担当の人間が付くために、注文を取りまとめて発注をしてくれたり、投資のアドバイスをしてくれるので、こうした手間や負担が大きく軽減されることになります。

こう考えると、店頭トレードよりもホームトレードによるネット取引のほうが、苦労が多くデメリットばかりのように感じますが、実はネット取引にはたくさんのメリットが存在しています。

ホームトレードの最大のメリットの一つは、取引の際にその都度証券会社を訪れなくてもよいという事になるでしょう。
店頭トレードでは、基本的に営業の人間などの担当が決まっており、その人間が窓口となって取引を行います。
この事により、その担当が不在の場合やほかの案件で手が離せないなどの場合には、注文がなかなか行えないという事も起こり得るのです。

これに対して、ネット取引では投資取引の発注は投資家自らで行うことになっているために、インターネットが接続できる環境であれば、ノートパソコンやスマートフォンなどのモバイル機器を利用していつでも投資取引が行えます。
こうした事により、ネット取引を利用すれば投資取引のタイミングを逃すことなく利益を得る事も可能となるのです。

また、取引を行う担当の人間が付かない事によって、証券会社側にもコストがかからないという利点があるために、ネット取引では売買取引にかかる取引手数料が大幅に低くなっているという所も、ホームトレードによるネット取引の最大のメリットのうちの一つになるでしょう。

証券会社の設定にもよりますが、店頭トレードを行う投資取引ではその手数料は、50万円までの取引でおおよそ6千円ほどの設定となっていますが、同じ金額の取引であれば、ネット取引での手数料は300円前後ですんでしまうのです。

さらにネット取引では、もっと低い値段ごとに手数料の設定がされており、10万円の取引では50円程度となっており、証券会社によっては取引手数料が無料になっている所もあるために、店頭トレードよりも取引コストを低く抑えた取引が行えるのです。



Copyright © 2017 | chernobyllegacy.com