最近はホームトレードで簡単にFX取引ができる!


携帯電話専用のホームページ

株式投資などの投資取引が、家に居ながらにして行えるネットでのを利用したホームトレードは、今では当たり前のことになりましたが、こうしたネット株取引が頻繁に行われるようになったのは、ここ十数年の間の事となります。

それ以前の株式投資は、こうしたものを取り扱う証券会社を直接に訪れて、担当の窓口となる証券会社の営業担当などの人間に、株式の売買注文を依頼する形で行われていました。

こうした事から、株式の投資制限が多く、例えば不動産の投資などと比べ、比較的に身近な投資ではありましたが、証券会社の営業時間や証券取引所での株式市場が行われている時間帯の取引が主となり、またその手数料が高かったり、株を購入するためにまとまった資金が必要であったりなどして、時間と資産に余裕のある人間が行うものとなっていました。

しかしながら、1980年代の後半から電話回線を利用したパソコン通信などが広く行われるようになり、これに対応した形で、証券会社の営業の窓口担当などが付きながらも取引が行えるオンライン取引という形式での株式投資が脚光を浴び始めたのです。

このオンライン取引を皮切りにして、株式投資の取引方法は劇的に変わっていくこととなり、このパソコン通信を使ったオンライン取引は、その後に登場した携帯電話のデジタル化に伴ってこれへの移行が進んでいきます。

携帯電話は話をするだけのものから、現在のスマートフォンに近い形へと進化を遂げていき、カメラが内蔵されたことにより、画像のやり取りが頻繁になったために表示ディスプレイが大きくなるように進化し、また、インターネットへの接続が可能になり、アプリソフトなども登場したことにより、パソコン通信で行われていた事柄の一部を、携帯電話でも行えるようになったのです。

こうした事を受け、それぞれの証券会社では携帯電話のインターネット接続を利用し、携帯電話専用のホームページを立ち上げて、顧客である投資家専用に、株式銘柄の動向や市場の状態など、株式投資に必要な情報を取りまとめて提供するなどしていました。

また、それまでも電話などで行うことができ、また、オンライン取引などでも利用されていた、店頭トレードの中での一部付帯的な機能としての、店頭での対面取引以外での株式の売買注文の取りまとめを、携帯電話でも行えるようにさせていったのです。

しかしながら、当時の携帯電話では、またインターネット回線への接続の不安定さや、携帯電話のプッシュボタンを利用した操作性、大きくなったとはいえまだまだ、小さかった画面での制約された取引ツールなどの不便さなどにより、それほど広くは普及しませんでした。

現在では、こうした面が改善され、大きな画面で見る事ができるスマートフォン、タブレット端末なども登場し、また、インターネットへの接続状況も進化を遂げたことにより、携帯電話での投資取引は、ネット取引として現在の形へと引き継がれているのです。



Copyright © 2017 | chernobyllegacy.com